初めてでも簡単に理解できる!遺品整理における大事なポイントを紹介!

人は誰しも死に遭遇してしまいます。
自分が高齢で亡くなることもあれば、愛する家族が事故や病気で急に亡くなってしまうこともあります。
家族を失うと悲しみに暮れ日常生活もままならなくなり、何も手につかなくなります。
しかし遺族は遺品整理などを行わなければなりません。
当サイトでは遺品の整理の基礎知識や大事なポイントを初心者でもわかりやすいように紹介していきます。

初めてでも簡単に理解できる!遺品整理における大事なポイントを紹介!

遺品整理を行うタイミングは四十九日を過ぎたあたりがベストといえます。
いつまでも悲しみに浸るのではなく、整理して徐々に心の整理をすることも大事です。
遺品整理で大事なポイントは、まず遺産分割で必要な金品の把握と、大事にそれらを別に保管することです。
証券や登記簿、宝石類に預貯金を先にまとめておくことが大事なのです。
そのうえで、衣類やブランド品など現金化できそうなものをまとめ、リサイクルショップに持って行ったり買取出張サービスを利用して片付けていくことが大事です。

遺品整理は四十九日以降に行うのが一般的

親族が亡くなったけれど、遺品整理はいつから行うべきかで悩んでいませんか。
と言うのも親族が亡くなった時は、とても忙しいのでなかなか時間を作ることができないでしょう。
なるべく早くした方が良いと思うのかもしれませんが、悲しみの最中では精神的にも厳しいかもしれません。
一般的には遺品整理は、四十九日が過ぎてから行うことが多いです。
この他にも、諸手続き後や早ければ葬儀後でも良いですし、後は相続前です。
これらは、親族が集まるタイミングなので遺品をどうするのかを話し合うことができます。
問題は、葬儀後ではまだ心の整理ができていないことがあるために、早すぎることもあります。
ある程度は心の整理ができた時の方が良いので、なるべく四十九日を過ぎた頃にした方が揉めることもなくて良いのかもしれません。

遺品整理は時間配分や片付けるスペースの確保など計画性が大事

遺品整理を残された遺族で行う場合、よりスムーズに作業を進めたいのであれば計画的に行う事がポイントになります。
作業自体にいきなり着手するのではなく、どこから作業を進めるのかや1日作業を行う時間なども含めて計画性を考える事が重要です。
分類でいえば相続する物や遺族間で確認すべき重要な物からスタートさせて、次に書類関係や写真関係の作業を行い徐々に整理する物を絞り込むという方法があります。
分類毎に遺品整理する方法以外であれば、部屋ごとや各箇所毎に手を付けて整理するという方法も有効的です。
作業を行う人の人数が多ければ一度に進める事が出来ますが、1人や2人程度であれば、一か所に集中して確実に整理してくのもスムーズに作業する事が出来ます。
戸建てで生活していたり広い部屋がある場合は時間がかかりますが、スケジュールを立てて取り組むことで確実に作業を行う事が可能です。
また不要な物を多く場所や選別場所など、スペースを決めた整理方法もあります。

遺品整理では洋服や写真と金品とに仕分けするのが肝!

遺品整理を行う上で大変になってくるポイントとなるのが、相続品や貴重品などをどうするかという点です。
そのため整理作業を行う人だけで勝手に判断するのではなく、後で遺族間で話し合いをする事も想定しておく必要があります。
遺品整理をする上でのコツとなるのが、分類毎に仕分けしてまとめておくという点です。
洋服や写真に金品などの貴重品の他、書類などもまとめておいておき後で遺族同士で話し合いを行うようにします。
特に洋服や金品などは形見分けだけでなく相続という形になるので、トラブルにならないよう納得できるまで話し合う事が大切です。
写真なども誰が保管するのか、処分するのかなども話し合って決める事がポイントになります。
また手続きする上で必要になる事が多い書類関係も、勝手に処分することなく時間がかかっても1つ1つしっかりチェックする事も重要です。
ポイントを抑えて整理を進めることで、トラブルなくよりスムーズに整理を進める事が出来ます。

遺品整理では金品や証券に預貯金など遺族間でトラブルの種になりやすい

葬儀や法事なども済み一段落したら、今度は遺品をどのようにするのかを考えていくことになります。
多くの遺品がある場合は、何をどのように処分するのかはしっかりと考えていきたいところです。
遺品整理では時にはトラブルになることもあるといわれています。
貴重品などは形見分けで分配することもありますし、中には相続の対象になるものがあるかもしれません。
特に金品や証券、預貯金などは遺族間でも問題になりやすいものです。
勝手に処分してしまうと後でトラブルになる可能性もありますので、注意したいところです。
多くの遺品を整理する場合は、大切なものまで処分してしまう可能性もありますので、貴重品が見つかったら別の場所によけておくなどの対策をしておきましょう。
遺品整理では、貴重品の捜索は最初にやっておきたいところです。
大切なものが見つからないという場合もありますが、そんな場合も遺品整理専門の業者に依頼すれば捜索をしてくれることもあります。